和の空間でおもてなし|お店選びのセンスが重要【接待などで使える店の見つけ方】
ロゴ

使える店バイブル

個室のお店リサーチポイント【コースや部屋の形式を注視】

和の空間でおもてなし

飲食店

個室が基本!接待にうってつけのお店

クライアントとの関係性を強化するための接待は、静かな環境の個室が完備されているお店を新宿などで探すのが必須です。今後、仕事を円滑に進めるために、クライアントとの会話に集中するためにプレミア感溢れる個室はうってつけの環境です。

飲み放題は後半でがっかり感が出てしまう

飲み放題なら、予算内に抑えやすいのと、お互い存分にビールや日本酒などのお酒を楽しめるメリットはありますが、接待での席は要注意です。なぜなら、制限時間が存在するからです。楽しく飲んでいる最中に、店員が「時間です」とお知らせしてきたら、盛り上がりが一気に冷めてしまいます。極力、時間の通知は店員と協議してこっそり教えてもらうなど、場を白けさせない工夫が必要です。

掘りごたつなら足を崩しやすくて楽!

接待で新宿などにある個室の店を準備する際、ちゃんと室内のことも調べましょう。特に、和食メインのお店は、普通のテーブルか掘りごたつのどちらかに分かれます。ビジネスで会話をしながら料理を楽しむ以上、長時間座っていても楽に感じる方を選ぶべきです。座布団の席だと、女性は正座のままで足を崩しにくいからです。あるいは、クライアントが膝や足を痛めている場合もあります。足に負担をかけないために、足を楽にできる掘りごたつの方が望ましいです。

日本食で接待するなら知っておくべき!懐石と会席の違い

懐石料理とはお茶を楽しむのが目的

元は、茶道から生まれた料理です。メインのお茶を飲む前にお出しされる軽い食事です。ほとんどの品目が、茶道の精神「侘び」「寂び」を表現しています。また、旬を迎えた素材を用いる、素材の味を最大限に活かす、心配りを持っておもてなしをするといった、和食マナーに通じる原則を持ち合わせています。懐石は、ゆっくりとした雰囲気の中で食事やお酒を嗜むので、接待の席に適していると言えます。

会席料理とはお酒を楽しむのが目的

懐石料理と異なり、お酒を嗜むための食事のことを指します。本来、連歌や俳諧の席で出される食事。飯・汁の椀物は最後に出されるところは懐石とは真逆の順番となっています。主に、料亭や旅館の食事、宴会や披露宴などのおめでたい席で出される日本料理のほとんどは、会席料理の要素を多く含んでいます。そのため、多少賑やかな雰囲気のところが好きな相手を接待する際にうってつけです。

広告募集中